妄想は海を越え…
d0022730_212545100.jpg

9月に行った北海道旅行。そこでスケッチした札幌ファクトリー。札幌から帰ると、仕事→教室展→仕事…(時々遊び)がバタバタと続いて一気に塗ることができず、ちびりちびりと塗り進めていました。で、ようやく完成しました…。
札幌ファクトリーで一番目立つ煙突とその下のレンガの壁の展示室、内部にあるパブのスケッチです。教室展も終わり、次のステップとして自分らしい色や表現を出したいなあと思っているのですが、なかなか…。
[紙:ワットマンF8サイズ、ペン:リブ]


仕事も本日無事に図面を提出して、完了~。今回はLandscapeのお仕事でした。私が勤務している小さな事務所ではとうていできない某大手組織設計事務所がやっている大きなProjectをお手伝いすることができて、短期間ではありましたが、色々勉強になりました。
お隣の国、中国での仕事は今までもありましたが、今回はアラブ圏。現場には行けないけれど、頭の中ではいつでも海を越えることができます。
いつか旅行でその地にたてることを夢見つつ…。ああ、行きたいなあ。
[PR]
# by fuhpore_poretto | 2008-11-06 21:42 | スケッチ習うにょ
札幌&小樽への旅
札幌と小樽に行ってきました。
札幌や旭川の方々とスケッチし、北海道の美味しい食を味わい、沢山笑った旅でした。
楽しかった~!北海道の皆さん、ありがとうございました。
(札幌は例年になく気温が高かったようで、ちょっとびっくり。)行きたい所が沢山ありすぎて、2泊は短かったな…。次回はもう少し長く滞在したいな~。

↓初日。到着してすぐ、味噌ラーメンで腹ごしらえ…。
d0022730_085784.jpg


↓夜の時計台と北海道庁。札幌時計台は、「がっかり名所」という言葉をよく聞いていたのですが、そんなことなかったですよ~。ゴーンと鐘が鳴っていました。
初日は、札幌の皆さんと交流会でした。
d0022730_0111177.jpg


↓スケッチはサッポロファクトリーで。あいにくの曇り空で時々ポツリとくる天気でした。この煙突がすごくて、東京から行ったメンバーほとんどがこの煙突を入れていました。
d0022730_0124258.jpg


↓明けて最終日は良い天気。飛行機の時間まで小樽に行くことにしました。
d0022730_7275851.jpg


運河沿いを歩いていると…鴎が一羽飛んできて、可愛らしい姿をサービスしてくれました。
d0022730_0175064.jpg


↓東京では滅多に見られない、ナナカマドとマユミの赤い実。ナナカマド、描きたかったな~。
d0022730_01954100.jpg


↓北一ガラスでガラス製品をひやかし、ちょっと一服。ここのカフェ、照明は全て(灯油の)ランプ。
d0022730_023238.jpg


↓とても立派なうだつ。こんな古い建物が小樽には沢山ありました。
d0022730_0235094.jpg

あっという間の3日間。皆さん、また会う日までお元気で…。
[PR]
# by fuhpore_poretto | 2008-09-13 00:26 | 旅をする
北海道への旅と誕生日
d0022730_004265.jpg

北海道へ行ってきました。北海道の皆さんありがとう!
そしてその間にひとつ年を重ねました。
沢山の人からメッセージやお祝い(札幌でお寿司!^^)を頂いて、なんだかとても幸せ。
誕生日当日の夜は、札幌市内の藻岩山にのぼり、タクシーの運転手さんが日本一という夜景を楽しみました。
はじめは霧がかかっていて見えませんでしたが、サーーッと霧が晴れて夜景が見えたときは思わず歓声をあげてしまいました。鳥肌もの。幸先いいなあ^^

仕事も溜まってしまったので(笑)、また後日スケッチの様子をお伝えします。
今回は、記憶が新しいうちに塗った小樽の水路沿いにある建物のラフスケッチを。

最後に、大切な方から頂いたメッセージ。すごく感動しちゃいました。
私に限らず、全ての人に、この言葉を…。
Mさん、ありがとうございました!

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
ひとつひとつ
生きた結果が積み重なっていきます
汗と涙は
その人生という本の中身を厚くしていきます

これからも
一歩一歩
自分を見ながら
周りを見ながら

周りから自分を見出して
自分の中に大宇宙を見出して

素晴らしい人生に乾杯

お誕生日おめでとう
[PR]
# by fuhpore_poretto | 2008-09-10 00:14 | 旅をする
お芝居の魅力
d0022730_23173349.jpgシアターコクーンに観にいってきました!
久しぶりのお芝居!テンション上がるう!

女教師(じょきょうし)は二度抱かれた
ほぼ大人計画のメンバー+市川染五郎さん+大竹しのぶさん

題名だけみると、かなーり怪しいですが…笑。
大人計画(松尾スズキさん脚本)の舞台ははじめてみます!一度観てみたかったのです~。
ひょんなことから行けることになり、本当に感謝、感謝です。 「大人計画」はいつも大人気の劇団です。私は、芝居は当日券とか買ってふらーっと入ることもあるので、こんなきっかけで行けるなんて熱烈なファンの方には申し訳ないくらいです…。

松尾スズキさんにしては毒が少ない、と言われているみたいですが、私はとっても満足!
見方によっては(特に女性にとっては)救いようのない悲しみを題材にしているけれど、最後、少し希望の光のようなものが見えたのは安心しました。
それぞれの弱いところや心の傷を持っているのも人間臭くて良かったです。

お芝居ならではの緊張感や編集されない生の演技を観るのは本当にいいなあ~。

それにしても、大竹しのぶさんはすごい!!素人の私が見ても迫力や演技力が伝わるのです。阿部サダヲさんの演技も弾けていて、良かったです。
しばらくパンフを眺めて楽しめそうです。

[今日のスケッチは、電車で見かけた形のいいシシャモ型の足をした男性]
[PR]
# by fuhpore_poretto | 2008-08-09 23:21 | 日々のきまぐれ
今度はスイス
d0022730_2343138.jpg

Switzerland,Sumvitgの風景です。
これはとある方へのお礼のプレゼント用です。どんなスケッチがいいかとの問いに「牧歌的な風景」とリクエストを受けたのが、今年の1月下旬w
とたんに仕事が忙しく、教室の課題も忙しくなり、すみませぬ~、すみませぬ~と言い続けて半年・笑。

そして、この「牧歌的」にも頭悩ましましたよ、ええ。普段牧歌できる場所にはなかなか行けません。
ということで、過去の旅行写真を引っ張り出して、写真からスケッチしました。(お、恐ろしい~!これ、10年前w)
Sumvitgは、かの孤高の建築家、ピーターズントーの作品である「聖ベネディクト教会」のある場所です。
当時学生だった私は、生まれ故郷スイスにこだわり、その場所性を大切するひたむきな姿、そこから生まれるシンプルながらも洗練された建築に感銘を受けたのを覚えています。(その時のレポ←「建築の学生らしく~スイス編」のトップの絵です)

そんなでようやく完成…。大変遅うなりました。Iさん、お部屋の隅にでも立てかけておいて下さいまし。
[紙:WATER FORD F4サイズ、ペン:プチ]


ピーター・ズントー
ピーター・ズントー / / エー・アンド・ユー
スコア選択:
これ、絶版のお陰でプレミアがついて、前より高くなっているよ…。7万て!絶版やめてほしい。元の定価(プラスα)で買うので、誰か譲ってください。大切にします・笑。

以下は蛇足なつぶやき
[PR]
# by fuhpore_poretto | 2008-07-24 23:54 | 日々のきまぐれ