桜の癒し
震災後、暫く気持ちが落ち着きませんでしたが、まわりをみると行動する人はすぐ行動している!
keiko先生(尊敬します!!)をはじめ、色々な方が支援の輪を広げられています。
日々変わる被災者の方々のニーズに合わせて物資を募集。まわりで知っているだけでも食料以外にも絵本、ズボン、文房具など。こうした具体的な物の支援は、支援する側も目的がわかり集めやすく、募金以外でも様々な方法があるのだと再認識しました。
勿論これは、現地の人(近い人)が直接聞いてきた情報を元に集めています。「これがいるだろう」という予測でやるよりも、個人レベルの支援はこちらがやりやすいかもなと感じています。

暫く色塗りする気分にもなれず、先週ようやく散歩して桜を眺めました。ふと昔描いて色塗りをしていないスケッチを思い出し、二年ぶり(!)ですが塗りました。
六本木龍土町の桜です。大谷石の階段に覆いかぶさるように桜が咲き誇り、とても雰囲気のある場所でひと目で気に入ってしまいました。
誰かが、今まで桜前線ってあまり気にしていなかったけれど、今年は早く北へいって欲しいと思っていると言っていました。本当にそうだなあ…。
d0022730_0174773.jpg

[紙:ファブリアーノ変形、ペン:ピグマ]

[PR]
by fuhpore_poretto | 2011-04-15 00:14


<< 日常と非日常 震災 >>